日曜にこちらの展覧会にうかがった。

sunabagallery.comとても元気が出た。ここのところ絵を描くのも文章を書くのも無理だと思っていたが、やる気が出るようになった。作者の方が少年装をしていたが、やはり少年装は尊い

。死ぬまでに一度はしたい。

sunabaギャラリーはよく美少年画の展覧会をしている。一度行ってみたかったところだ。行けてよかった。大阪日帰りだとどうしても交通費だけで1万円になってしまうので、頻繁には行けない。今回はえいやっという感じ。また行きたい。

往復がバスだと8千円くらいで済むが8時間かかる。電車と違いバスの中で読書すると酔うので何もできない。往復を電車にすると18000円で往復4時間。実際はどちらも駐車料金を考えねばならない。関西に出るのも一苦労だ。

熱はないがしんどいので知能指数の低い文章になったな。

何も進展せず。そして病院を寝ぶっちしてしまう。甥姪の可愛さを堪能しただけの一日。

そして明日は生まれて初めて個展というものを見に行く。しかも遠方。帰ってきたときに疲れていないかが心配でさある。明後日仕事に行けるのか。明日、個展で買いたいものがあるので、お金の用意はしている。交通費は、削れるだけ削り、かつ明後日の仕事に支障のないように時間も犠牲にしない方針で予算化している。

本当は買わねばならぬものも多い。部屋の狭さ故あきらめていたベッドを、やはり体が痛いので購入することに決めた。本棚ももう一つ必要である。場所が空くか空かないかは微妙。

またしても眩暈で2日間休んでしまった。三半規管への血流が悪くなるとこうなるそうだ。

そして、相談事やもめごとの調停で時間を取られる。

少しずつでも「何かが進んでいる」感を出すために部屋の掃除をしている。明日一日で終わるだろう。

指はまだ動かない。血液検査をもう一回行った。これで何も出なければ、何がどうなっているのだろう。

だいぶん精神的に回復してきた。身の回りのことをする余裕が出てきた。毎日の家事以外の、季節の掃除・洗濯・衣替えができた。この調子で、部屋の片付けもできるかも。散髪にも行こう。やっと自分の体の面倒を見てやれるようになりつつある。

再来週は関西に行きたい。そのころには、少なくともSadisticNarcissusの文章の新作を作れているといい。